Ukraine / Photo by Kung

去年は水かけ祭りの本場Chaing Maiで過ごしたタイの旧正月ソンクラン。
今年はタイを脱出して旧ソ連のUkuraineを旅してきた。
今回の目的は、Historical Lavera & Cathedral と Legendaly Beauty。

まだ少し肌寒いUkraineの首都Kievは、ウクライナ語はもちろんのこと、
ロシア語も話すことができない一人旅のKungには、冷たい町だった。
まずはお店のsign。ほとんどがキリル文字でローマ字表記なし。
次にお店の人。英語で話しかけるも、ウクライナ語またはロシア語でまくしたてられ
相手にしてくれない。
冷たくされてるのに、覚えたての数少ないロシア語から"スパスィーバ(ありがとう)"しか
言えないKung。
予約したHostelの場所を調べるためにインターネット・カフェを探すのにどんだけ苦労して、
どんだけ"スパスィーバ"を言ったかはKungしか知らない。
到着したHostelでもいろいろあったし、最初の印象は決して良いものではなかったけど、
その後に待ち受けていた心揺さぶられるほどのイコノスタスの美しさと、壁面を覆い尽くし
ドームから迫ってくるフレスコ画とモザイクに息をのみ、あっさり
「もう一回来たいな」と思ってしまったKungであった。


b0149365_2238749.jpg
"Pysanka"







- カスピ海 -

機中で目を覚ますと、カスピ海にさしかかるところだった。
社会科の授業で世界で一番大きい湖と習った覚えがあるが、その名の通りそれは海だった。
写真はきれいではないが、かなり感動なので掲載。
b0149365_062275.jpg

b0149365_074982.jpgb0149365_085657.jpgb0149365_0142586.jpgb0149365_0153054.jpg



- 地下鉄 -

空港からバスにゆられて到着したのがKiev駅。
地下鉄に乗り換えて繁華街へ移動した。
防空壕も兼ねているのだろう、とにかく深いこと深いこと。
b0149365_23511241.jpg

b0149365_2355020.jpgb0149365_23481381.jpgb0149365_23582264.jpg



- 町の風景 -

首都KievはモスクワからFlightで1時間半ほどのところ。
行ったことがないのでロシアとは比較ができないが、
建物の造りや配置は北欧フィンランドに似ているなというのが最初の印象。
b0149365_0252816.jpg

b0149365_0264647.jpg
"いきなり族登場"

b0149365_23292041.jpgb0149365_23343139.jpgb0149365_2338786.jpgb0149365_2339282.jpg
"フレチャーチク通り"



続きはあした。
[PR]

by sppc | 2009-04-19 00:31 | Photo by Kung

<< SONGKRAN / Phot...    Nepal - part1 /... >>