SINGAPORE ALACARTE 9 / photo by Yam

スリランカから戻って既に1ヶ月。大きな入札物件があったりと、結構忙しかった。
ここ1ヶ月程でようやく観光気分もなくなり、シンガポールに住んでいるという実感が遅まきながら伴ってきた。

駅や街中にやたらと設置されている監視カメラも今となってはなんとも思わなくなった。来た当時は些細なことでも何か間違えたことをやってしまうと罰金があるものと気を張っていたが、案外こちらの人も信号無視やらポイ捨て等の”間違い”を適度にやっていることが判明した。

住宅が異常に高いことに対してはシンガポール人も同意見で、自分が苦労したのと同様に住宅探しはかなり大変であることが分かった。

いないと言われているマフィアや無いといわれている黒いお金もどうも存在しているらしい。また安全と言われているこの国だが、実際には犯罪者の検挙率は操作されている数値であることも教わった。一度捕まえた者に対して、本人の刑期短縮と引き換えに未解決事件の自白をさせ、表向きには解決としてしまうといったことにより。
(見知らぬ酔っ払った政府関係者の友人と称する者から聞いた話なので真偽は不明)

また高いGDPも実際には在星している外国人によって吊り上げられた数値であり、実際のシンガポール人の生活は見かけの数値程に高くないことも理解できた。

当たり前なのかも知れないけど、シンガポールも”普通の国”だった。
いつもの適当にリラックスした生活が戻ってきた。

b0149365_2301325.jpg
Jurong Bird Park




b0149365_004314.jpg
b0149365_03349.jpg
時々います、こういう雰囲気のおばさん
b0149365_061566.jpg
b0149365_06424.jpg
b0149365_0945.jpg
ショーも楽しく、お勧めのBird Park


Seventh Lunar Month Festival、またはGhost Festivalが8月から9月の一ヶ月に渡って行われた。日本のお盆みたいなもので、この時期には死者の霊に対する供養があちらこちらで執り行われる。時期同じくしてイスラムの断食明けの祭りもあり、初めての自分にとっては何が何の祭りのための何なのかが分からず非常に混乱した1ヶ月だった。
b0149365_0114348.jpg
霊に供える食べ物(霊の後に我々人間が食べます)
b0149365_0222356.jpg
霊に供えるお金、冥都銀行より発行(Hell Bank)
b0149365_0234979.jpg
霊に供える金や銀
b0149365_030148.jpg
そしてすべてを燃やしてお供え完了


その他のシンガポール風景

b0149365_0314099.jpg
SentosaにもいたMerLion

b0149365_0331352.jpg
Taiwanese Food Festivalでの超ハイスピード餃子製作風景

b0149365_0371055.jpg
最近オープンしたMarina Bay Sandsの展望デッキより

b0149365_0383879.jpg
いつものSingapore River

b0149365_0394013.jpg
Nid & Nen

[PR]

by SPPC | 2010-09-19 00:45 | Photo by Yam

<< SINGAPORE ALACA...    Sri Lanka / Pho... >>