Laos 2008 New Year / Photo by Yam

タイ赴任中に是非行きたいと思っていた国のひとつ、LAOS。
ガイドブック一冊を頼りに首都VIENTIANEをうろついてきた。
年末カウントダウンを!なんて期待して行ったものの、フィーバーするには人口が足りなかった・・。
歩き廻っていた5日間で、同じ人に何度も遭遇しているのではと気分は宛らTRUMAN SHOW。

【 LAOS概要 】 (reference from "Wikipedia")
人口:6,521,998人
面積:236,800 Km2
首都:Vientiane
GDP (per capita):$2,200 (2006年138位)

b0149365_118514.jpg"Patousaiから"
街はずれに位置したPatousaiを登り、パチリと一枚。
なんでもPatousaiとは"凱旋門"との意味で、戦没記念塔との位置付けらしい。
着工以来40年程となる現在も未完との歌い文句に惹かれ、観光はまずはここからと決めていた。
GAUDIのそのものとは違い、"完成した姿を是非この眼で見たい!"なんて気分には正直なれなかった。
滞在中5日間、結局毎日ここの前を通ることとなったのだが、工事の気配をまるで感じることがなかった。(正月休みだったのかも)





b0149365_1441645.jpg"Patousaiそのもの"
Patousai周辺は公園となっていて、夜になると昼のその"気だるい観光地"とは違った一面を覗かせてくれた。
カップルや若者愚連隊、はたまたジョギングの休憩にといったおじさん等、様々な"人種"が一同にここに揃った。
物理的に建築物としては未完であったとしても、建築の役目としてはある意味"完成"しているのではなかろうか。

ちなみにここTHAILANDもLAOSもジョギング人口が非常に多いと感じる。
先進国ではあらゆる健康器具が氾濫しているものの、体を動かし、健康を維持することが如何に大事なことであるのかを本当に分かっているのは彼らの方なのかも。


b0149365_254651.jpg”Patousai昇降中”
登る途中、ちょっと気になりパチリ。


b0149365_2104263.jpg"That Luangでのお気に入り"
今回の旅写真の中でもお気に入りの一枚。
LAOS全土のシンボルと称される"That Luang"(寺)に夕方行ってみた。
ぎりぎり閉館時間であったため、外部からの見学のみとなってしまった。


b0149365_2174537.jpg"That Luang付属建屋"
中に入れず、外周部をウロウロしている際に目にした建屋。


b0149365_2195877.jpg
”身支度”
"That Luang"の新弟子さん?
袈裟を巻くのにどうして、なかなか時間がかかっていた。


b0149365_2215516.jpg
"FAHRANG"
夜になると人気を見せるメコンのbar。
夜になると姿を見せるFahrang。


b0149365_2284955.jpg"MEKONG"
タイとの国境を流れるメコン川。
そんなメコンを3連発。


b0149365_2321051.jpg
"MEKONG:対比"
左がLAOS、右がTHAILAND!
って程の違いもないか。


b0149365_233174.jpg"MEKONG:老婆"
川辺のレストランで休んでいた。
初めは"おっ、きれいなラオス女性!"との思いでバシバシとシャッターを切っていた。
直後同じレストランに彼女が入ってきた。
"老婆"だった。


b0149365_2383565.jpg
”名も無い仏像”
場所は"Buddha Park"、あるお金持ちさんが道楽で造った公園。
あらゆるところに色々な仏像(?)が"放置"されている。
なんでもこの後、タイに渡り同様な公園を造ったとか。
これといった観光地が少ないVientianeではなかなか人気スポット。
悪路をTuktukに揺られてのハードな移動となりました。


b0149365_2451212.jpg
”紅白”
同じ枝から2色の花が・・・パチリ!


b0149365_375915.jpg"Vientiane"
人気の少ないVientianeの街角にたたずむ外国人。
今回の旅を象徴するかのような1枚。
[PR]

by sppc | 2008-01-02 00:00 | Photo by Yam

<< Ongkarn Talad p...    THAI ALACARTE 1... >>