Phimai / Photo by Kung

前日の夜に独り寂しくご飯を食べていたら、急に旅に出たくなった。
早めに寝て、早朝からバスで向かったのがピマーイ。
バンコクから長距離バスでコラートまで3時間。そこからローカルバスで1時間ほど行ったところにピマーイはあった。
アンコールワットを思わせるピマーイ遺跡は、こじんまりとしてはいたが見ごたえは十分。
町の雰囲気も良かったし、またふらっと出かけてみよう。

b0149365_23341821.jpg
"遺跡と小坊主"
クメール遺跡のなかでも珍しいアンコールワット様式の遺跡。




b0149365_2335513.jpg
"ピマーイ遺跡公園"
全景もアンコールワット風味



b0149365_23363436.jpg
"小坊主"


b0149365_2337285.jpg
"消えぬ煩悩のにおい2"


b0149365_23375834.jpg
"サイ・ンガーム公園"
ピマーイ遺跡の近くにあるもうひとつの見所
これ一本の木なんだって


b0149365_23392037.jpg
"中はこんな感じ"



b0149365_23395615.jpg
"この日お世話になったお宿"



b0149365_23401247.jpg
"中はこんな感じ"


b0149365_23404469.jpg
"CUTE GIRL"
これ以上ないってくらいの笑顔。
はじめは緊張していたくせして。



b0149365_23412973.jpg
"THE OLD PHIMAI GEST HOUSE"
みんな楽しい思い出をありがとう。

[PR]

by sppc | 2008-05-04 00:00 | Photo by Kung

<< BRASS COILLING ...    Ongkarn Talad p... >>