カテゴリ:Photo by Kung( 39 )

Thai Theatrical puppets / Photo by Kung

いつものようにカメラを持ってルンピニに出かけた。
カメラいじったり、本を読んだり、マット敷いて寝転がってのんびりした週末。

b0149365_0141584.jpg


More LUMPINI
[PR]

by sppc | 2009-06-15 00:36 | Photo by Kung

SIAM NIRAMIT / Photo by Kung

ストレス発散のためにレンズを買った。
タイでは手に入らないと思っていたZEISSのFマウント。
タイ人スタッフが探してくれて、日本より安く手に入った。

先週の日曜日は、ルンピニ公園でこのレンズをつけてカメラの設定をあれこれいじってみた。
はじめはM(maual)-modeしか使えず、撮影情報がPhoto dataに残らないと思っていたが、
カメラにF値や焦点距離などのレンズ情報を登録すると、A(Aperture priority)-modeが
使えるようになった。その他の情報も、正しくPhoto dataに残っていた。
俄然やるきが出てきた。

ということで、昨夜はこのレンズの性能と操作性を試すために、SIAM NIRAMITに行ってきた。
ここは、タイの昔の文化を各地域ごとにミュージカルチックなショーで紹介するという観光名所で、
夜20時の開演前には、屋外でタイ舞踊なんかも披露されていた。

このレンズの明るさが、ダンサーの動きを捉えることができるのか?

b0149365_13492191.jpg
シャッタースピードを合わせ忘れ1/200で撮ってしまった。ピントもいまいち。(M-mode)



More ZEISS
[PR]

by sppc | 2009-06-07 14:57 | Photo by Kung

SANGKHLABURI / Photo by Kung

週末を利用して旅をすることがある。
見どころが多い所に行くと、時間いっぱい動き回るのだけれど、
のんびりと読書なんかをしたりして過ごすのも好き。
今回の旅は、後者。


b0149365_0225058.jpg


More SANGKHLABURI
[PR]

by sppc | 2009-05-06 01:10 | Photo by Kung

Ukraine vol.3 / Photo by Kung

b0149365_153381.jpg
- Arsenalna -


More Ukraine
[PR]

by sppc | 2009-04-24 03:05 | Photo by Kung

Ukraine vol.2 / Photo by Kung

b0149365_2285286.jpg
- Borispil Air Port -


More Ukraine
[PR]

by sppc | 2009-04-23 02:37 | Photo by Kung

Ukraine / Photo by Kung

去年は水かけ祭りの本場Chaing Maiで過ごしたタイの旧正月ソンクラン。
今年はタイを脱出して旧ソ連のUkuraineを旅してきた。
今回の目的は、Historical Lavera & Cathedral と Legendaly Beauty。

まだ少し肌寒いUkraineの首都Kievは、ウクライナ語はもちろんのこと、
ロシア語も話すことができない一人旅のKungには、冷たい町だった。
まずはお店のsign。ほとんどがキリル文字でローマ字表記なし。
次にお店の人。英語で話しかけるも、ウクライナ語またはロシア語でまくしたてられ
相手にしてくれない。
冷たくされてるのに、覚えたての数少ないロシア語から"スパスィーバ(ありがとう)"しか
言えないKung。
予約したHostelの場所を調べるためにインターネット・カフェを探すのにどんだけ苦労して、
どんだけ"スパスィーバ"を言ったかはKungしか知らない。
到着したHostelでもいろいろあったし、最初の印象は決して良いものではなかったけど、
その後に待ち受けていた心揺さぶられるほどのイコノスタスの美しさと、壁面を覆い尽くし
ドームから迫ってくるフレスコ画とモザイクに息をのみ、あっさり
「もう一回来たいな」と思ってしまったKungであった。


b0149365_2238749.jpg
"Pysanka"


More Ukraine
[PR]

by sppc | 2009-04-19 00:31 | Photo by Kung

Bangkok International Book Fair / Photo by Kung

先週、会社帰りに Bangkok International Book Fair を覘いてきた。
Yam が紹介していたアサヒグラフの特集じゃあないけど、写真関連の古い本を見つけたので
思わず買ってしまった"HOW TO MAKE GOOD PICTURES"。
戦時中の1943年にEASTMAN KODAK社から出版された本。
Sub titleが"THE COMPLETE HANDBOOK FOR THE AMATEUR PHOTOGRAPHER"。
書いてあるのは最近のmookと同じようなもの。

もう一冊は、"FUN TOWEL ORIGAMI"。
タイの街中を歩いているとたまに見かけるタオル人形。
ORIGAMIいう文字が目を引いた。
お目当ての黄色いサルは載っていなかったが、それでも30種類。

b0149365_0274511.jpg

[PR]

by sppc | 2009-04-09 00:42 | Photo by Kung

Rama 9 Garden & so on / Photo by Kung

週末はたいがいカメラを持ってぷらぷらしているのだけれど、
これといった決め手もなく、アップもせず、ゆるい生活をおくってしまった。
Yamを見習って、大好きなタイランドを記録しておこう。


今、これに夢中。
b0149365_1302445.jpg


More Week end
[PR]

by sppc | 2009-03-30 02:31 | Photo by Kung

Chaing Saen - Mae Sai (Tachileik) / Photo by Kung

今回は、年末年始タイ北部一人旅 その2。

念願のPhu Chee Fahを後にしたKhungたち(*1)は、
ゴールデントライアングル(*2)に程近いChaing Saenへと向かった。
FIDOさんがアレンジしてくれたルートは、少数民族が暮らす村々、突然現れたメコン川&対岸のラオス等々と憎い演出だったのだが、元旦から二日酔いの身には正直キツかった。
FIDOさん(*3)、ごめん。

*1:Khungを良い人と思ったのか、ガイドのFIDOさんは奥さんと娘さんを連れてきていた。
   マイペンライ!と言っていたのは、気にするな!ってことなのだけれど、
   はじめは少し気になった。
*2:ご存じのとおり、タイ - ラオス - ミャンマーの国境付近。
   Khungがイメージするのは"ケシの花"。
*3:Chaing maiのこずえさんに紹介してもらったガイドさん。今回はChaing raiから
   Chaing Saenまでを案内してもらった。すごく良い人。

b0149365_23585371.jpg
"Mae Nam Khong"


More 一人旅
[PR]

by sppc | 2009-01-14 01:43 | Photo by Kung

Chaing rai - Phu chee fah / Photo by Kung

年末年始は、チェンライを中心にタイの北部を旅してきた。
旅のルートはこんな感じ。
Suvarnabhumi(BKK) ⇒(Chaing mai)⇒ Chaing rai ⇒ Phu chee fah
⇒ Chaing saen,Golden triangle,Don sau(Laos) ⇒ Mae chang
⇒ Mae sai,Tachileik(Myanmar) ⇒ Chaing rai ⇒ Chaing mai(San sai)
⇒ Suvarnabhumi(BKK)

今回は、その1。

タイに来た当初から行きたいと思っていたプーチーファー。
目的は、プーチーファーで初日の出を拝むこと。
ラオスとの国境に位置する断崖絶壁の上から、節目の年の幸せを祈願してきた。

b0149365_0412891.jpg


More 一人旅
[PR]

by sppc | 2009-01-12 02:11 | Photo by Kung