<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Koh Chang / Photo by Yam

旧正月、バンコクからバス・ソンテウ・船を乗り継いで7時間、タイで2番目に大きなしまチャーン島に行ってきた。(帰りは疲れてあっさりと飛行機で)
なぜかロシア人の観光客が多いとのことで、確かに至る所でロシア語併記の看板を目にした。
多くは岩海岸であるとのことだったが、宿泊はWhite Sand Beach、砂浜がきれいなところだった。
日本で冷え切った肌をゆっくりと温めてきた。
今回は水中撮影も折交えてアップします。
b0149365_210401.jpg
死ぬ思いで撮ったウニ


more Koh Chang
[PR]

by SPPC | 2009-01-27 02:08 | Photo by Yam

Home Leave 2 / Photo by Yam

An hours ride on a speed boat from Hong Kong, you are in Macau.
A place famous for its gorgeous casinos was formerly settled by the Portuguese.
Walking through the streets of Macau, one would soon recognize the different build of the buildings from that of Hong Kong.
Unlike my first image of Macau being the land of Casinos, it was a queer mixture of Chinese and Western culture, somewhat a bit like Shanghai. (personal opinion)

【 MACAU OUTLINE 】 (reference from "Wikipedia")
POPULATION :520,400
AREA :29.2 Km2
CAPITAL :- (Macau Special Administrative Region)
GDP (per capita) :$36,357

b0149365_493460.jpg
Leal Senado


more Macau
[PR]

by SPPC | 2009-01-24 04:27 | Photo by Yam

Home Leave 1 / Photo by Yam

Payed a visit to Hong Kong to celebrate my niece's 1st birthday.
Colder than Thailand, but warmer than Japan, it was a good intermediate point of visit before returning to Japan for a home leave.

【 HONG KONG OUTLINE 】 (reference from "Wikipedia")
POPULATION :6,985,200
AREA :1,104 Km2
CAPITAL :- (Hong Kong Special Administrative Region)
GDP (per capita) :$29,752

b0149365_2185453.jpg
"Streets of HK"


more Hong Kong
[PR]

by SPPC | 2009-01-24 03:15 | Photo by Yam

Nostalgia 1983 / Photo by Yam

It was merely a coincidence that I was able to see my best friend, from when I was the age of 10. (When I left for Japan, I was obviously too young (or lame?) to keep in touch via writing letters, and soon lost contact)
It was by chance that I registered for the so called 'Face Book' (not common in Japan, similar to Mixy but the original) and was able to spot his name on the list.
Apparantly the information was that he now lives in Singapore with his wife who is Thai, and that he would visit Thailand once every month.
With all the joy, I contacted him and we were able to meet up, just before I left Thailand for my vacation to Japan. Hereafter, I would like to pin up some memories from 1983 including a picture back from that time.
b0149365_1112316.jpg
My friend J and his wife, also J


more Nostalgia 1983
[PR]

by SPPC | 2009-01-21 02:19 | Photo by Yam

Phi Phi Island / Photo by Tom

b0149365_13105556.jpg

3泊4日で、ピピ島へ行ってきた。最近の政情不安で観光客は減っていると聞いていたけど、結構な観光客で賑わっていた。

More Phi Phi Island
[PR]

by sppc | 2009-01-17 14:00 | Photo by Tom

Chaing Saen - Mae Sai (Tachileik) / Photo by Kung

今回は、年末年始タイ北部一人旅 その2。

念願のPhu Chee Fahを後にしたKhungたち(*1)は、
ゴールデントライアングル(*2)に程近いChaing Saenへと向かった。
FIDOさんがアレンジしてくれたルートは、少数民族が暮らす村々、突然現れたメコン川&対岸のラオス等々と憎い演出だったのだが、元旦から二日酔いの身には正直キツかった。
FIDOさん(*3)、ごめん。

*1:Khungを良い人と思ったのか、ガイドのFIDOさんは奥さんと娘さんを連れてきていた。
   マイペンライ!と言っていたのは、気にするな!ってことなのだけれど、
   はじめは少し気になった。
*2:ご存じのとおり、タイ - ラオス - ミャンマーの国境付近。
   Khungがイメージするのは"ケシの花"。
*3:Chaing maiのこずえさんに紹介してもらったガイドさん。今回はChaing raiから
   Chaing Saenまでを案内してもらった。すごく良い人。

b0149365_23585371.jpg
"Mae Nam Khong"


More 一人旅
[PR]

by sppc | 2009-01-14 01:43 | Photo by Kung

Chaing rai - Phu chee fah / Photo by Kung

年末年始は、チェンライを中心にタイの北部を旅してきた。
旅のルートはこんな感じ。
Suvarnabhumi(BKK) ⇒(Chaing mai)⇒ Chaing rai ⇒ Phu chee fah
⇒ Chaing saen,Golden triangle,Don sau(Laos) ⇒ Mae chang
⇒ Mae sai,Tachileik(Myanmar) ⇒ Chaing rai ⇒ Chaing mai(San sai)
⇒ Suvarnabhumi(BKK)

今回は、その1。

タイに来た当初から行きたいと思っていたプーチーファー。
目的は、プーチーファーで初日の出を拝むこと。
ラオスとの国境に位置する断崖絶壁の上から、節目の年の幸せを祈願してきた。

b0149365_0412891.jpg


More 一人旅
[PR]

by sppc | 2009-01-12 02:11 | Photo by Kung

THAI ALACARTE 12 / Photo by Yam

タイでの子供の日(National Children's day)は1月の第二土曜日。
日曜日の今日も、至るところで子供向けのイベントが催されていた。
日本のキャラクター商品の多さが相変わらず目立っていた。

b0149365_058373.jpg
タイに来て初めて知った事。
ウルトラマン著作権の一部がタイ人所有であるとのこと。
その名も円谷チャイヨー・プロダクション。(チャイヨー:万歳)
しかも本家本元円谷プロの子会社でも何でもないらしい。
社長は日本の円谷プロで特撮を勉強してきたタイ人。
当然とでもいうのか、日本・タイの両国で裁判沙汰となっている。
にも関わらず、今年ここタイにウルトラマン博物館なるものができるとか。
ちなみにタイ独自キャラでウルトラマンミレニアムなる者が存在する。(その他多数あり)
なんと得意のムエタイで日々怪獣を退治してくれている。

more Photo
[PR]

by SPPC | 2009-01-11 20:00 | Photo by Yam

Myanmar / Photo by Yam

MYANMARに行ってきた。
事前イメージは正直皆無。
YANGON空港に到着して受けた第一印象、”まるでインド”。
MYANMAR人の顔はタイ人の顔とはまるで違い、浅黒い肌に細い鼻、インド人の様だった。
5日間と決して長い旅ではなかったが、常にインドのイメージが付きまとった。
食に於いてもカレーが”名物料理”。
但しインドのカレーとは違い油たっぷりで正直おいしくなかった。
2日間は飛行機で北上し、MYANMAR随一の観光名所であるBAGANに行ってきた。
BAGANのような地方では舗装された道路はまだまだ少なく埃の舞う中、馬車での寺(PAGON)巡りとなった。
しかし空を見上げると空気は澄み切り、昼夜問わず常にクリアな空を見ることができた。
人々の生活は決して裕福ではなかったが、自然溢れる大地の中でぬるい"幸せ"を汲み取ってくることのできた有意義な休暇となった。

ちなみに首都は2006年末よりNaypyidawに遷都しているが、観光客は未だ一切入ることが許されていない。以前は観光ビザでも24時間の滞在しか認められていなかったような厳しい軍政の中で成長を進めてきたMyanmar。今でも警察や軍にカメラを向けただけでカメラを没収されてしまう、そんな国だった。

【 MYANMAR概要 】 (reference from "Wikipedia")
人口:55,390,000人
面積:676,578 Km2
首都:Naypyidaw
GDP (per capita):$233

b0149365_2462841.jpg
"Sunrise at Bagan"


more Myanmar
[PR]

by SPPC | 2009-01-04 22:00 | Photo by Yam